陶房青 有限会社吉村陶苑

陶房青 トップページ 陶房青からのお知らせ 陶房青の商品紹介 陶房青のフォトギャラリー 陶房青のご案内 陶房青のブログ
中尾山地図
はじめに
以前、波佐見焼きの沢山の窯元の展示をお手伝いさせて頂いた事があった。
どの窯元さんも、一軒一軒個性豊かで多彩な器に、器好きの私は狂喜乱舞したものだ。
それぞれの窯元さんの器が、より魅力的に見えるように、折敷やマットを選び、数輪の野の花で季節の彩りを添える。
勿論、料理を思い浮かべながらの楽しい作業となった。

私が小さいころから知っている波佐見焼きのイメージとは違い、すっかり現代の食卓の流れをとり込み
生まれ変わったような波佐見焼きに、ますます私の器好きに拍車がかかる経験となった。

今回は、この時の依頼主でもある「陶房 青」の器を使った、私のささやかな日常の器使いにしばしお付き合い頂き、
今の波佐見焼きの魅力を少しでもお伝えできればと願っている。

                                                  長崎在住 一瀬厚子(写真・料理・文章)
 

陶房青 器×料理 一瀬厚子

陶房青 器×料理 一瀬厚子

陶房青 器×料理 一瀬厚子

銀彩 薄手浅鉢

この器、はじめは銀色だった。 長い時をかけ、まったりとミルクティー色に変化した。磨けば元の銀の輝きを取り戻し、まるで西洋の銀器のよう。
しかし、和食器ならではのこの型は、入れる料理を選ばない。
(左から)「小松菜の白和え」もイタリアンな「豆サラダ」も肌寒い日の「豆スープ」さえ、難なく受け止めてくれる。 薄くて軽い。色の変化も楽しみな器だ。

      

陶房青 器×料理 一瀬厚子

陶房青 器×料理 一瀬厚子

陶房青 器×料理 一瀬厚子

青白 5寸皿

瓔珞紋 手造り7寸皿

線彫り 新仙茶

わずか五寸ほどの、なんてことのない青白磁の小皿だと思っていた。
ところがところが、のせた料理の映えることと言ったら。この写真のごとくである。
ソーサーのように内側に段差がついてあり、まるで食材の為の小さなステージになって、料理をしっかり引き立ててくれる。
シリーズであるらしく、次は八寸あたりも是非欲しい。

私は、この瓔珞紋にとても弱い。いや、弱すぎて困っている。この柄を見るとたとえ人の物でも欲しくなる。実際、無理を言って譲ってもらった器さえある。 料理屋のカウンター越しに「あの器で食べたい!」と言うことさえある。迷惑な客であり、連れだ。
さて、今日は朝からゴーヤサラダにすだちを添えて、昼は冷製パスタで夜はトレビスとヒレカツにしよう。 まるで骨董のような佇まいのある器だ。

朝は温かい汁物があるとほっとする。
起きぬけの体に白湯を一口、そして夕べから煮込んだ具だくさんのスープや柔らかな絹ごし豆腐のおみそ汁。汁物ならなんでもOKだ。
漆の椀やスープカップを出してもよいのだが、夕べのうちに洗ってふせておいた出しっぱなしのこの器を碗にすることが多い。
用途外の器に盛られることで、特別な料理に見えることがある。イタリア料理のタコのトマト煮をこの器に小さく盛った時も、とても新鮮で印象的だった。
(写真はミネストローネを入れた時のもの)

ページの先頭へ
 
(C)Yoshimura Touen All Right Reserved.